診療案内

ホーム > 診療案内 > 小児歯科

小児歯科

小児歯科について

小児歯科について

大人でも嫌なむし歯治療、痛くない時からの定期健診で、歯医者に慣らすことが、無理なく治療を行うポイントです。

0歳~12歳頃までは、乳歯が存在する年齢ですが、この時期は将来永久歯列期を迎えるまでの大切な準備期間です。

そのため個々の乳歯をしっかり管理していくことはもちろん、永久歯列期を迎えるまでに、歯の保存の重要性、色々な病状とそれが及ぼす影響についてなど、お子様本人と保護者の方にも、理解していただき認識を高めること、そしてそのために大切な口腔管理を習慣にすることが、小児歯科には求められます。

フッ素とシーラントでダブルむし歯予防

ダブルむし歯予防

【フッ素】

むし歯の直接の原因は、ばい菌が出す酸によって歯が分解されてしまうことです。

フッ素を歯に作用させると、歯は分解されにくくなり、強くなります。

【シーラント】

奥歯には「みぞ」があり、ばい菌が溜まりやすくなっており、なかなか取れにくく、放っておくと、すぐむし歯になります。

「みぞ」の中をきれいに掃除して、ばい菌が入らないように埋めれば、むし歯予防に非常に役立ちます。

シーラントを掃除した「みぞ」に埋めるだけですので、とても簡単です。

予防が第一

むし歯も病気ですから、予防が第一です。

シーラントの中にフッ素を入れると、「歯を強くするフッ素」と「歯を守るシーラント」の両方の働きで、むし歯と戦います。

健康保険が適応できますので、お気軽にご相談ください。